2018年の愛知県の交通事故死者数が50人を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10日(火)の4:15頃に、豊川市の新東名高速道路上り線で、中型トラックが大型トラックに追突する事故が発生し、中型トラックを運転していた40代男性が死亡し、2018年の愛知県の交通死亡事故死者数が50人を突破してしまいました。

現在、愛知県の交通事故死者数は、埼玉県、千葉県に次いで3番目ではありますが、10日(火)時点での2018年の愛知県の交通死亡事故死者数は、昨年同日比較で1人多いため、愛知県の交通死亡事故が減っているわけではありません。

なお、50人の交通事故死者のうち31人が65歳以上が高齢者となっており、改めて高齢者の交通安全を重要視していく必要があります。

AICHI 脱ワースト実行委員会も、AICHI 脱ワースト宣言(交通マナーアップ宣言)を記載していただく、交通安全キャンペーンを実施しておりますので是非ご応募ください。

できる限り多くの方々に、AICHI 脱ワースト宣言(交通マナーアップ宣言)を考え、応募いただくことが、応募者の交通安全の自分ゴト化につながると信じております。

改めて、交通安全を心がけてお過ごしいただけますようお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加