【レポート】第3回サポーターミーティング、栄エリアで立哨活動を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日11月22日(木)に、「AICHI 脱ワースト ROAD SAFETY PROJECT 第3回サポーターミーティング」を実施しました。本プロジェクトのサポーター企業の皆様を中心に、合計32社、42名の方々にお集まりいただきました。

愛知県警察本部の交通死亡事故抑止総合戦略室長の沢田様からは、県内で増加傾向にある飲酒運転事故(今年は県内ワースト)についてお話をされました。

その後、ゲスト講師の椙山女学園大学の谷口俊治先生による講演を実施しました。講演は『みんなの道路、思いやりをもってゆっくりと ーだれもが事故を起こさないためにー』をテーマに、人間の行動心理学の観点や、海外の啓発映像を交えながらのご講演をいただきました。

ミーティング終了後、栄エリアに移動し、立哨活動を実施。帰宅中や買い物途中の人々に年末の交通安全の呼びかけと反射材などのグッズを配付しました。

<サポーターミーティング 概要>
日 時:2018年11月22日(木)16時00分~17時00分 ※17時以降は栄エリアで立哨活動を実施
場 所:中日パレス ヴィスタホール(中区 栄4丁目1−1 中日ビル5階)
内   容:愛知県警察本部 沢田警視 ご高話、ゲスト講師による講演

■愛知県警察本部 高話
愛知県警察本部 交通部 交通総務課 管理官
交通死亡事故抑止総合戦略室長
沢田 章夫(さわだ あきお)警視

■サポーターミーティング 講師
椙山女学園大学 文化情報学部 メディア情報学科
谷口 俊治(たにぐち しゅんじ)教授
講演内容:『みんなの道路、思いやりをもってゆっくりと ーだれもが事故を起こさないためにー』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加