ドライバー必見!熱中症対策で安全ドライブを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の車中は危険!?脱水症状に要注意!

エアコンによる車内乾燥や閉め切った空間など、夏の車中は心配な環境にあります。特にレジャーや帰省などで、道路渋滞が起こりやすいシーズンは要注意です。脱水症状のサインを見落としやすく、時に重大な脱水症状になる危険があります。

車中における脱水症状の“初期サイン”

・口腔内が渇いている
・ワキの下が渇いている
・手が冷たく感じる
・集中力がかけてくる
・手や脚の筋肉がつる

身体のだるさを感じたら、すぐに休息と水分補給をしましょう。

渋滞時の脱水予防ケアは?

①1~最長2時間に1回15分以上の休息
② スポーツドリンクや経口補水液の常備
③ 水分摂取を控えず、休憩時には水分補給(1回100~200ml)
④ 車中の空気をリフレッシュ
⑤ 休息時は車外でカラダを動かしてリフレッシュ

事故に繋がるリスクを回避するためにも、熱中症対策を万全にして安全なドライブを心がけてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加