二輪車での交通事故が多発しています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県内では平成29年中、原付・自動二輪車乗車中に30人の方が交通事故で亡くなられています。

多発している二輪車の事故パターン

①右折×直進の事故

二輪車は他の車両から見ると、実際より遠く、スピードが遅く感じられがちです。優先道路を走行する場合でも、右折車両の動きに注意しましょう。

 

②出合頭の事故

見出しの悪い交差点に進入する際は、一時停止または徐行をし、左右の安全を確実に確認しましょう。

 

③単独事故

ガードレールや縁石などに衝突する単独事故が多発しています。自分の運転技術を過信せず、スピードを控えた安全運転をしましょう。

 

④追突事故

二輪車は加速しやすく、止まりにくい乗り物です。速度の出し過ぎは、いざという時に急ブレーキでも回避できません。

 

自分の運転技術を過信することなくいつでも慎重な運転を心がけていきましょう。また、ヘルメットは必ずかぶり、万が一に備えて服装は肌の露出が少ないものにし、プロテクターやエアバッグジャケットの活用で、自分の身を守りましょう。

※愛知県警察の広報用チラシはこちらからダウンロードできます。

 

引用:愛知県警察 公式ホームページ『交通トピックス』より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加